スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

また一つ、紲が生まれました。

先日協賛金をお振込頂いたある方から下記のようなメールを頂きました。

ご本人の許可を得て転載させて頂きます。


==================================


この映画を知ったのは、もともと主演の佐藤貴広さんがとても好きで、
インターネットで検索しているときにホームページを見つけたことがきっかけでした。
最初は何気なくブログを読んでいたのですが、次第にみなさんの映画への熱意がブログを通して伝わってきました

先日のブログで「縦のつながりの大切さ」が映画の主旨に含まれているという記事を読んでますますこの映画を観たくなりました。
私は現在大学4年生で、学生生活最後の今になってようやく「先生」という存在のありがたみを実感しています。それと同時に、「先生」のありがたみがまるでわからなかった頃の自分についても見つめ直すようになりました。

また大学の部活動で香川県(多度津町)には3度ほど合宿で訪れたことがあるため、香川には勝手ながら親しみを感じます。その部活動でも、先輩や先生方だけでなく後輩とも接することで、私にとって「縦のつながりの大切さ」を学ぶ場でもありました。

みなさんの熱意は、これまでの学生だった自分とこれから社会に出る自分について考え直すひとつのきっかけになりました。

熱い思いのこもったこの映画を是非観たいです。そしてそれだけでなく、たくさんの人に観てほしいと思い、協賛金を振り込ませて頂きました。

僅かではありますが、お力になることが出来れば幸いです。

長々と失礼いたしました。これからもホームページやブログを楽しく読ませていただきます。


================================



どうですか、皆さん。

何が凄いかって、このメール送ってきた方、まだ20歳そこそこの学生さんですよ。

日本も捨てたもんじゃないです。簡単に「近頃の若者は」なんて一括りにしてるのが恥ずかしくなります。

そして、何より嬉しいのは、まだ映画を見ていないにも関わらず、我々スタッフ、キャストがこの映画を通して気付いたこと、学んだ事と全く同じことを共感してくれていること。

これは映画を通して生まれた「コミュニケーション」なんです。

英語で言うとなんかチンケですが、詳しく言うとこの映画を通して僕らは「コミュニケーションブランディング、コミュニケーションデザイン」をしちゃったんです。

映画というオールドメディアを使って、庵治石というトラディションを描いてるんだけど、知り合うはずのなかった人が一緒にモノ作りをして、笑って泣いて、そのチカラが広がって、この方のような人とつながる事ができて。これはとっても新しいコミュニケーションの形だったりするんですよね。

この方を始め、これまで協賛金をお振込頂いたまだ顔も声も知らない人達と、いつかちゃんとお会いしてこの映画の感想をお伺いしたいですね。

佐藤くんもこのブログ見ています。

佐藤くん!「半日デート券」何枚か作っといてよー(笑)!



今日はラッシュ試写を受けてのスタッフ打合せです。またスタートです。


そういや高橋努率いる「渋谷ハチ公前」の新作公演も明日スタートです。みんな頑張れ。



【アリP】






at 07:38, AjiCrew, アジP日記

comments(0), trackbacks(0), - -

新年の手応え。

皆様、あけましておめでとうございます。 

私事ですが正月は故郷の大阪府高槻市に帰省していました。 

その際、妻の実家にもお邪魔したのですが、そこでこの「紲〜庵治石の味〜」の鑑賞会を開きました。 

 観客は、妻と義父母の3人。 

スタッフ、関係者、香川県民の皆様以外のリアクションを頂くのはほぼ初めてなのでとっても気になります。 

 50分バージョンの感想に「難解だ」という意見が少なくなかったこの映画。 

いわゆる映画を「斜めに見る」人達でない義父母の反応はこれからの指針を示してくれるはず。 


 (映画開始1時間程経過…)
あれ?お義母さん、泣いてる? 

あれ?お義父さん、庵治石はもちろん、香川の名所(五剣山)、イベント(石灯りロード)に一喜一憂、感嘆な声をあげてるじゃないですか! 

あれ?お二人とも、高松の景色に自らの故郷を重ねてキュンキュンしてるじゃないですか!!! 

唯一大阪人的なツッコミが入ったのは「翔太のお母さん綺麗すぎるわ!」くらい(爆)。

この反応は正直嬉しかったです。この僕がいったいこの映画にどんな関わり方をしたかいまいち理解していないお二人が、かなりニュートラルなお客さん状態でこの映画を見てくれました。それでこのリアクションはかなり予想外。


うーん、この映画ひょっとしたらひょっとするかもです。 


たくさんの人に一日でも早くお披露目したいと決意したお正月でした。 今年はこの映画の旅立ちの一年です。どうぞ皆様ご支援ご協力の程改めて宜しくお願い申し上げます。 

パート2や原作モノ、アイドル&お笑い芸人出演作品で占める日本の映画業界に風穴あけたりましょう。 【アリP】

at 08:33, AjiCrew, アジP日記

comments(0), trackbacks(0), - -

友達は少ないですが、仲間はたくさんいます。





僕と片岡監督はロサンゼルスに留学している時に知り合った仲間です。






いわゆる「アメリカかぶれ」していた20代は、

「アメリカ人はハグとかキスとかしょっちゅーしていて愛情表現が豊かだなー」とか、

「アメリカ人の男性はレディーファーストで女性に優しいな」とか、

結構まじめに信じていて「俺アメリカ帰りやねん顔」をしてそこら中で言いふらしていました。




もちろん今でもアメリカもアメリカ人も大好きですが、

日本にだって、日本人にだって、探せばちゃんと「愛」はある。

それは方法が違うだけ(高橋努もたぶんそう思っているはず)。




そんな事を痛感させられた一年でした。もちろんこの映画を通してね。



去る12月22日、スタッフを集めて長編バージョンのラッシュ試写会が行われ、その後キャストのみんなが合流して東京での打ち上げパーティーが行われました。

この年末のクソ忙しい時に、二次会も入れるとほぼみんな集まってきてくれました。

高松からも、大阪からも、姫路からも。



これを愛と呼ばずに何と呼ぶんだ。



「あなたたち、アーティストなんでしょ?クリエイターなんでしょ?職人なんでしょ?
モノつくりたいんだったら、タダでもやるってくらい腹くくってやりなさいよ」




さぬき映画祭後に書いたブログの中にうちの奥さんの言葉を載せたんですが、これが意外と反響が大きくて。


職人テラさんから、キャストの佐藤くん、提坂さんも見て共感してくれて。

少しづつだけど、このちっちゃな映画が抱えているのは何やらとっても大きなものだと気づき始めてくれた気がします。

そう実感できた誕生日イブ



そうです、12月23日は僭越ながらアリP35回目の誕生日。

(すんません、22日に打ち上げ組んだのはわざとです。)

大好きなみんなにお祝いまでしてもらって。





もっかい言おう、

これを愛と呼ばずして何と言うんだ。




大事なのは、こういう思いを言い出しっぺの僕だけが独り占めしちゃだめってこと。

みんなが同じ気持ちでこの映画のこと、心にとめておいてもらえるかが大事なんです。

もちろんこれから見てくれる人も含めて。

長編を見て思ったのはそんな感じ。タイトルの「紲(きずな)」に込めたのもそんな気持ち。




おっと、また長くなってしまいました。



今年の僕のブログはこれでおしまいです。

来年春には、ようやく皆さんにお披露目できますのでもうしばらくお待ちください。

庵治、牟礼の皆様はもちろん、スタッフ、キャスト、すべての関係者の皆様に感謝です!




来年も、どんな事も疎かにせずがんばります(だって年男だし)。





【アリP】


at 14:17, AjiCrew, アジP日記

comments(0), trackbacks(0), - -

22日の出来事。

 22日の事件については、




中野愛子さんからの集合写真が届き次第アップします(アイコさんよろしく〜爆)。




一言だけ、



長編バージョン、全て問題解決させてます!!!



乞うご期待!




at 10:15, AjiCrew, アジP日記

comments(0), trackbacks(0), - -

RE_START

今日は盛り上がって




いくどーーー!!!!!!!!

at 11:21, AjiCrew, アジP日記

comments(1), trackbacks(0), - -

売れろー熟れてまえー!

主演女優、小野まりえちゃんの出演PV発見!

ツイッターとmixiでも拡散しまくりですが、何よりここでしたね。

高松の皆さん、サインは写真は家宝にしてくださいねー!





ほんとに役者って怖いっすね。中身ビール好きのオッサンだと思ってたまりえちゃん、かわいすぎです。


【アジP】



at 17:23, AjiCrew, アジP日記

comments(0), trackbacks(0), - -

きずな。

たった今、高校の同級生から「協賛金振り込んだよー頑張ってねー」とメールがありました。





今、僕35際歳だから、その子と一緒に過ごしたのはもう20年も前の事になります。





僕が、映画やったり広告やったりPVやったりしたいなと思ったキッカケは、

高校時代にその子を含め仲のいいメンバーでやっていたバンド活動があったからでした。

「うぉっ!なんか頭の中とか心の中にあるもの表現するって気持ちいいやん!」と思ったのが全ての始まりでした。

その仲間がどこで聞きつけたかこの映画の事を知ってくれておまけに協賛金まで頂いて。





高松のみんなからもらうのとは違う、また別の不思議なチカラが沸いてきました。




大阪府高槻市のみんな、アーリー頑張ってますよー。みんなに少しでも近づけるようにまずはこの映画いいものにしますっ!

スケジュール開けて待ってろ市民会館大ホール。



打倒、本上まなみ、なのだ!



【アジP】

at 19:27, AjiCrew, アジP日記

comments(0), trackbacks(0), - -

いざっ!

ただ今羽田に向かってます。

明後日の授賞式はもちろん、今後の長編バージョン製作に向けて高松チームと打ち合わせのためです。

気がつけば撮影最終日以来の高松訪問です。

僕に投石できるめったにないチャンスですよ!ただ投げるのは庵治石の高いやつに限りますが。




【アジP】

at 12:18, AjiCrew, アジP日記

comments(0), trackbacks(0), - -

金曜日。

今日は金曜日

今日のアクセス数少しは上がるのでしょうか。

芸能界は怖いとこじゃないです。

単純に男と女が怖いのです。

はしゃぎ過ぎに気をつけて、ま、楽しくいきましょう。




【アジP】

at 15:38, AjiCrew, アジP日記

comments(0), trackbacks(0), - -

そこ、大事。

この映画に出演してくれた高橋努、三枝俊博、石田将士が所属する演劇チーム「渋谷ハチ公前」の新作(ていうか再演)「ストックホルム」見て来ました。

これで3作品目ですが、過去2作品と比べてもダントツ良かったです。

で、いろいろツィッターやらmixiやらでこの舞台の感想を見ていると、

「考えさせられる内容だったねー」というのが多いんです。

脚本・演出も兼ねる努さんも、

「考えさせる舞台ですからねー」なんて言ってる。

そこで、僕が思うのは、

「考えた後、理解する」だけが映画や音楽、舞台、芸術に対する正しい「触れ方」じゃないってこと。

「感じる」だけっての方が細く長くその作品を好きでいられるっていうか、考えたり、理解しようとするとちょっと違う脳を使う感じで僕はしっくりきません。

幼稚な言葉ですが「イイものはイイ!」とおっきな声で言える世の中であってほしいです。評論家じゃないんだから無理してもっともらしい言葉探さなくていいんだって。


以上!



【アジP】

at 14:45, AjiCrew, アジP日記

comments(0), trackbacks(0), - -